温泉旅館を検索
シティホテルを検索
リゾートホテルを検索
ビジネスホテルを検索
ペンション・民宿を検索

2009年09月04日

千光寺山荘/尾道水道を一望でき、しみじみと尾道の魅力を堪能できる宿

尾道観光旅館 千光寺山荘 (広島県・尾道)

尾道観光旅館千光寺山荘(せんこうじさんそう)は、広島県尾道市の高台にある日本夜景百選に選ばれた絶景スポット「千光寺公園」に隣接する、全客室で絶景と瀬戸内の会席料理が堪能できる宿泊施設です。
宿からの夕景、夜景、朝景いずれも必見です。
しまなみ海道や文学の街尾道の観光旅行にいかがでしょうか。

客室一例
尾道観光旅館 千光寺山荘

お料理一例
尾道観光旅館 千光寺山荘

絶景の大浴場
尾道観光旅館 千光寺山荘
※温泉ではありません。
posted by アヤネ at 12:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

ホテル清風園/清流・千曲川のほとりに佇む名湯旅館

ホテル清風園 (長野県・戸倉上山田温泉)

長野県北部をゆうゆうと流れる千曲川沿いに開け、善光寺詣りの“精進落としの湯”として知られる戸倉上山田温泉。
清風園からは正面に雄大な山々、眼下には千曲川という、信州らしい眺望を楽しめます。
四季の彩りあふれる庭園と足湯が誕生!
さらに充実したお風呂には自家源泉を掛け流し、多彩な湯めぐりを満喫。
歴史ある戸倉上山田温泉の湯は効能豊かで古くから美肌の湯として親しまれています。
豊富な源泉を掛け流す湯船に浸かってのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

ホテル清風園
posted by アヤネ at 15:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

大地の彩 花月亭/古き良き日本の情緒を今に伝える歴史の散歩道

大地の彩 花月亭(静岡県・蓮台寺温泉)

南伊豆下田からバスで約10分、和風建築の街並みが情緒ある蓮台寺温泉。ここは吉田松陰も湯治をしたという、歴史ある温泉街だ。
その一角、黒瓦の堂々たる門構えで迎えてくれるのが、花月亭。
伊豆でも有数の豊富な湧出量を誇る温泉に身を任せ、くつろぎたい。

大地の彩 花月亭
posted by アヤネ at 18:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ホテル花庵/全室より湖を一望!【にごり湯とアルカリ泉】2種類の温泉も好評

ホテル花庵 (栃木県・日光中禅寺温泉)

国内外の観光客でにぎわう日光からいろは坂を上り、澄んだ水を静かにたたえる中禅寺湖へ。
22室全ての客室から中禅寺湖を望む見事な眺望。
ホテル花庵はそのほとりに立ち、全室から穏やかなレイクビューを望める。
乳白色の硫黄泉と柔らかなアルカリ性の温泉、2種類のお湯を楽しめるのも嬉しい。
お食事は地場素材を使用した野菜中心の創作料理です。

ホテル花庵
posted by アヤネ at 13:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

滝元館 遊季の里/美しい自然のなかで、ただ何もしないことが最高の贅沢

滝元館 遊季の里 (岐阜県・養老温泉)

恵まれた自然に身体を預け研ぎ澄まされた静寂に心を解き放つ時心のどこかに豊かな充実感が満ちてくる。
創業明治十三年の伝統を基礎に、平成十一年九月に新築オープンした岐阜県養老町の旅館 滝元館 遊季の里。
滝元館 遊季の里は、孝行息子の伝説で知られる「養老の滝」に抱かれるように建つ静かな山里のお宿です。
孝子伝説ゆかりの地である養老の滝は徒歩3分のところです。
ワンランク上の露天風呂付き客室もご用意。
温泉露天風呂からの朝焼け、夜景は函館や六甲にも増して美しく、お風呂好きの方々に絶賛いただいております。
温泉に浸かりながら、自然の眺望に癒される。
ゆったりとした客室に、食事専用個室や畳敷きの廊下などワンランク上の旅を満喫できる温泉宿です。

客室一例
滝元館 遊季の里

お料理一例
滝元館 遊季の里

露天風呂
滝元館 遊季の里
posted by アヤネ at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

コロシアム・イン・蓼科/四季折々に季節が薫る寛ぎの高原リゾートで「食と癒し」の休日

コロシアム・イン・蓼科 (長野県・芹ヶ沢場温泉)

静かな女神湖のそばに立ち、春から夏は花と新緑、秋は紅葉、冬は雪景色やスキーと、一年を通して高原の自然と触れ合える。
客室はツイン以外に和洋室、メゾネットもあり多様な寛ぎスタイルを提供。
アロマルームや温泉、岩盤浴、貸切風呂もあり落ち着いた雰囲気の大人の空間です。
長野産の素材を使った料理が評判で、朝食にも契約農家のジュースや生野菜のバイキング、自家製ベーコンなど、自然の滋味がたっぷりです。

コロシアム・イン・蓼科
posted by アヤネ at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

本陣平野屋 花兆庵/日本旅館本来の情緒と格式あふれる飛騨高山随一の旅館

本陣平野屋 花兆庵 (岐阜県・飛騨高山)

本陣平野屋 花兆庵(かちょうあん)は、日本旅館本来の情緒と格式があふれる高山随一の旅館です。
女将が上がり框にて本陣太鼓と共にお客様を心やさしくお出迎え致してくれます。
立地は、飛騨高山の観光名所である朝市・高山本陣・古い街並など観光スポットへ徒歩1分の好立地。
思う存分に古都の風情を楽しめます。
また、全国サービス優秀旅館でテレビなどでも評判の宿でもあります。
ゆっくりと寛いでいただける本陣平野屋花兆庵のお部屋は、広々とした三階以上をご用意。
窓側は広縁になっており、目の前に飛騨の趣ある風景が広がっています。
半露天風呂など、ワンランク上質な客室もあります。
本陣懐石料理は一品一品出される贅沢さで、真心を込めたおもてなしの老舗旅館です。

お宿外観
本陣平野屋 花兆庵

お料理一例
本陣平野屋 花兆庵

大浴場
本陣平野屋 花兆庵
posted by アヤネ at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

本陣平野屋 別館/老舗旅館の伝統と趣深さが伝わってくる飛騨高山の宿

本陣平野屋 別館 (岐阜県・飛騨高山)

気軽に高山を楽しむ宿の本陣平野屋 別館は、飛騨高山の観光名所、高山陣屋、古い町並み、赤い中橋などの名所へ徒歩1分と、絶好のロケーションに位置しています。
お部屋は全て、落ち着いた純和室のしつらえで10畳または12畳の客室となります。
飛騨高山温泉展望大浴場からは、眼下に清流宮川や高山の町並み、遠くには北アルプスが一望出来る絶好のロケーションです。
お手ごろなお値段ながら、夕食はお部屋にて、係りの方が料理を順に運んでくれます。
月替り会席の他、飛騨牛づくし、飛騨人の食卓「うまいもの膳」が好評です。


客室一例
本陣平野屋 別館

お料理一例
本陣平野屋 別館

露天風呂
本陣平野屋 別館
posted by アヤネ at 17:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

風雅の宿 長生館/四季を映す千坪の庭園大露天風呂の宿

風雅の宿 長生館 (新潟県・村杉温泉)

自然豊かな五頭山麓にひっそり佇む和風旅館。
開湯670余年の歴史と全国トップレベルのラジウム含有量を誇る名湯、新潟県、村杉温泉にあります。
4千坪の大庭園、新潟県内随一1000坪の大庭園風呂、鎮守の森の隠れ湯、茶室風貸切露天風呂が自慢です。
料理には新潟の四季を感じる品々、楽しさと美味しさを演出しています。
一番人気の「美味少量プラン」は、お客様に料理を最後までお楽しみいただけるよう地元素材の味を大切に、飾り・盛り付け・器の細部にまでこだわっています。

客室一例:全部屋から庭園を望める「本館客室」
風雅の宿 長生館

お食事一例:旬の味を活かした会席料理
風雅の宿 長生館

新潟県下最大の広さを誇る1000坪の庭園大露天風呂
風雅の宿 長生館
posted by アヤネ at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

合歓の郷Hotel&Resort ヴィラ合歓/やさしい自然に抱かれながら、ゆるりと流れる時間を

合歓の郷Hotel&Resort ヴィラ合歓 (三重県・奥志摩温泉)

自然に恵まれた伊勢志摩国立公園でも、特に見事な景観を誇る奥志摩。
風光明媚な英虞湾を望む丘陵地にたつヴィラ合歓。
日ごろの喧騒から切り離されたこの空間は、そこに踏み入れるだけで時の流れが変わります。
お食事は食材の宝庫、伊勢志摩の新鮮な厳選素材を合歓の郷の調理人が心を込めて織り成します。
温泉館の『潮騒の湯』で日ごろの疲れを癒し、マリーナでサンセットクルージング、ハイグレードな『合歓の郷ゴルフクラブ』でリフレッシュゴルフなど、大人のアクティブティーも充実しています。
ヴィラ合歓は気ままにゆったりとお過しいただけるリゾートです。

合歓の郷Hotel&Resort ヴィラ合歓
posted by アヤネ at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

淡路島オーシャンリゾート「夢海游 淡路島」グランドリニューアルオープン!

夢海游 淡路島 (兵庫県・洲本温泉)

2009年3月1日淡路島国際ホテル・アレックスが、【夢海游 淡路島】としてグランドリニューアルオープンしました!

目前の大浜海岸と一体になる離れ新スパ【海音の森】、ワンランク上の寛ぎを目差した特別フロア【和み】、そしてエステやリラクゼーション、貸切り家族風呂など充実の施設で生まれ変わった6階スパフロア【海風】など、海辺の休日がより一層充実いたしました。

夢海游 淡路島

外観
夢海游 淡路島

客室一例
夢海游 淡路島

posted by アヤネ at 11:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

お抹茶風呂の宿 つりばし荘/旅館内には渓流が流れ、吊り橋が掛かる風光明媚な宿

お抹茶風呂の宿 つりばし荘 (静岡県・河津七滝温泉)

天城の山々に囲まれ、敷地内には清流が流れている・・・。
3本のつりばしがかかっていることからその名が由来したという「お抹茶風呂の宿 つりばし荘」。
広大な敷地には11種の多彩な湯殿が渓流のせせらぎと共に点在しています。
中でも自家農園で育てた抹茶を使った「お抹茶風呂」が珍しく、美肌効果の高い香り高き湯として評判となり、TVや雑誌で多数紹介されている人気宿です。
料理もこだわりの逸品が味わえます。
自家農園で育てられた無農薬野菜を中心に、旬の食材や地物を使った、山の宿ならではの創作料理がいただけます。

客室一例
お抹茶風呂の宿 つりばし荘

お抹茶づくしの健茶御膳
お抹茶風呂の宿 つりばし荘

噂のお抹茶風呂
お抹茶風呂の宿 つりばし荘
posted by アヤネ at 11:26| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

ホテル ウェルシーズン浜名湖/県下最大の温浴施設がオープン

ホテル ウェルシーズン浜名湖 (静岡県・浜名湖かんざんじ温泉)

浜名湖かんざんじ温泉に新しい風。
遠鉄ホテルエンパイアがリニューアル。
2009年6月29日、ホテル ウェルシーズン 浜名湖としてグランドオープンします。
四季折々の美しい景色を臨む快適な客室をはじめ、農家直納野菜を使用した食事、宿泊者専用の露天風呂、ご宿泊のお客様は無料でご利用いただける県下最大の温泉施設など、アンチエイジングを意識した内容で、くつろぎの時間をお届け。
また、宿泊者にはホテル直結の遊園地「浜名湖パルパル」の入園が無料の特典付でご家族皆様にもお喜び頂ける浜名湖畔のリゾートホテルです。

ホテル ウェルシーズン浜名湖

ホテル ウェルシーズン浜名湖
posted by アヤネ at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

おにやまホテル/見晴らし最高! 屋上に展望露天を備えたホテル。地獄蒸し料理も健在

おにやまホテル (大分県・鉄輪温泉)

鉄輪温泉の中心、『鬼山地獄』の近くに位置し、6つある地獄へもすべて徒歩圏内という便利さ。
そして『鬼山地獄』に源泉を持ち、地獄から引いた湯が温泉で楽しめるのが魅力的な温泉宿がおにやまホテル。
九州でも最大級の広さを誇るおにやまの湯や眺望満点の展望露天風呂空の湯など、多彩な温泉が自慢です。
ホテルの屋上に設けられた展望露天は、女湯からは別府湾、男湯からは鶴見岳を遠くに望む。
もちろん眼下は湯けむり煙る鉄輪温泉街。
温泉の蒸気で蒸し上げる地獄蒸し会席も人気。
地獄めぐり6ヶ所も徒歩圏内で観光にも最適です!

客室一例
おにやまホテル

鉄輪温泉名物「地獄蒸し」が人気
おにやまホテル

別府鉄輪温泉を一望の絶景展望露天風呂
おにやまホテル
posted by アヤネ at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

軽井沢倶楽部ホテル軽井沢1130/自家温泉の天然温泉と充実のアメニティーを備えた癒しの空間

軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130 (群馬県・鬼押温泉)

自然と触れ合い、自分らしい時間の使い方を満喫しながら心もからだもリフレッシュする…。
散策や観察を通じて大自然と心を通わせたり、読書や創作活動など、普段なかなかできないことにたっぷりと時間を費やす。
あるいは、すがすがしい自然に包まれて、休息三昧の時を過ごしたり。。。
全233室すべてが大自然に面した設計。
大きな窓から浅間山や白根山系の山容と、四季の彩りに染まる樹海のダイナミックな眺望をご満喫いただけます。
「鬼押温泉」は、浅間山の地底から湧き出た敷地内温泉の天然温泉。
泉質、湯量、ゆう出量と三拍子揃った、県内十指に入る名湯です。
北軽井沢高原の四季を満喫できるロケーションと充実の設備、そして、こまやかなおもてなしが、心の贅沢を実感できるひとときを過ごせます。

軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130
posted by アヤネ at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。